2年ほど前に庭に勝手に咲いていた1本のマーガレットから種を取って、ここまで育てた。
c0197684_22584245.jpg


最近、ふとマーガレットの育て方について調べていて、おかしいことに気がついた。

マーガレットの増やし方:挿し木か株分け

あれ?種まきじゃないの?あんなに簡単に種から増えたのに?おかしい。おかしい039.gif
どんどん調べていくと、マーガレットはあまり耐寒性がないこともわかった。
えええ?真冬は、朝の気温がマイナス6℃にもなるこの地方ではマーガレットは生きていけない(らしい)。ということは、うちで確実に増えているこれは、マーガレットではないのだ。
じゃあ、一体何?ネットって本当に便利。検索かけると色々出てくる。マーガレットとよく間違えられるのはフランス菊らしい。花はそっくりなので、花で見分けることは難しいが、マーガレットとフランス菊とでは、葉っぱの形がまったく違う。
マーガレットの葉はこれ。春菊に似ている。
c0197684_10515885.jpg


フランス菊の葉はこれ。ギザギザはあるけど、マーガレットのように何又にも分かれていない
c0197684_10542827.jpg


うちの葉はこれ。やっぱりフランス菊だったみたいね。
c0197684_22593152.jpg

フランス菊はその名の通りヨーロッパ原産で、園芸種のマーガレットとは違い、野生種で
日本全国あちこちに自生しているらしい。
一方マーガレットは、カナリア半島原産で寒さに弱く、羽状に裂ける葉の形が春菊ににて、
茎が木質化するため、日本名は「木春菊」というらしい。

あぁ、スッキリした。うちのマーガレットはフランス菊だったのね。一件落着~!
c0197684_2302516.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2012-05-10 10:30 | 花と野菜
<< 新しく花壇を作りました オランダのチューリップ咲いたよ! >>