ヒッキーが還ってきた。
砂中での脱皮も無事済んで、やっと戻ってきた。今回は3週間くらいかな。砂まみれの貝殻、洗ってやろうか?c0197684_2049430.jpg
[PR]
by winnie-tonbo | 2009-07-15 20:45 | ヤドカリ
引きこもってばかりで、なかなか顔を出さない通称ヒッキーとは性格のまったく違うマイケルくん。この子はとっても社交的で人間がそばにいようが、気にせずトットコトットコ進んでく。
本当は、1ヶ月以上も前にうちに来ていたんだけれど、うちに来て3日目に砂にもぐってしまい、脱皮作業をはじめてしまったため、なかなか写真を撮るチャンスに恵まれなかった。

c0197684_214952.jpgマイケルは、ヒッキーより少し大きくて、マッチョな感じ。オカヤドカリのオスは、自分の体格より小さめの殻に入ることが多いと言うから、マイケルはオスなのかもしれないな。
とすると、自分の体格よりはるかに大きい殻に入って満足しているヒッキーはメス?
[PR]
by winnie-tonbo | 2009-03-20 21:37 | ヤドカリ
100円ショップで買ってきた貝殻に宿替え。

確かに前のは小さそうだったからねぇ。

いやぁ。でも貝のイガイガをペンチで切っておいて良かったよ。
今ごろ邪魔で動けないところだったね。
c0197684_2344891.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2009-01-20 23:43 | ヤドカリ
「安心してなー」 と言っときながら、ヤドカリくんの住む水槽内の気温を最適な温度まで上げるどころか、彼が存続できる最低気温まで上げるのが精一杯。

10度以下が長く続くと死んでしまうというヤドカリ。うちの家はとても寒いということを忘れていた。ヤドカリくんと一緒に買った温度湿度計でチェックしてみると、毎朝必ず10℃をきる。
下からホッとカーペットで暖めてもうまく温度は上がらない。
そこで、水槽を電気毛布で巻いてみることにした。急に温度が上がりすぎてヤドカリがびっくりして死んでしまってはいけないと思って、とりあえず温度を「中」に設定して一晩それで様子をみてみた。これで朝の水槽内温度はやっと12℃。まだ最適とは言えない。どちらかと言えば、これ最低温度だな。最低でも15℃はキープしたい。

そこでうちにあった発泡スチロールの箱に入れてみた。これでやっと18℃が保てる。電気毛布は手元で温度調節できるから、部屋が寒い日は、温度を上げてみたりもできる。温度が上がらなかった原因は、部屋の寒さと、床から熱が奪われてたからかな。
ま、温度はこれでOKやな、と一安心。

でもこれ、ちょっとかっちょ悪くないか?
c0197684_043415.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2009-01-20 00:08 | ヤドカリ
今日うちに来たヤドカリくん。

c0197684_23423760.jpg実は年末、久米島出身の子ヤドカリくん4匹を、ヒーターのつけ忘れで死なせてしまった。
その子たちのためにも?!うちで幸せに育てたい!というのと、小さい頃からいつもお祭りで100円くらいで買ってきたヤドカリを、必ず一晩で死なせていたから、いつか必ず育ててみたい!観察してみたい!という気持ちもあって、今回1匹だけうちにきてもらった。

誠心誠意お世話さしてもらいます。死なせたりしませんから、安心してな~。
[PR]
by winnie-tonbo | 2009-01-10 23:34 | ヤドカリ