もうずっと咲いてなかった睡蓮が咲いた。メダカもミナミヌマエビも元気そう。
c0197684_10200201.jpg

3日目の睡蓮。少し黒が混ざってる。
c0197684_10200376.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2015-07-20 10:18 | ビオトープ
ミナミヌマエビの赤ちゃんがいっぱい生まれていた。嬉しいなぁ。
カワニナの周りに3匹くらい。鉢の側面にも数匹。
カワニナが2cmくらいなので、エビちゃんの小ささがわかる。
c0197684_2252194.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2012-09-02 09:49 | ビオトープ
職場のYNさんのご主人から、今度はカワニナをいただいた。YNさんのご主人には
お会いしたことはないけれど、この間の沖縄産のクワンソウといい、今回のカワニナと
いい、ちょっと変わったタイプの動植物が好きなところが、私と似ているかもしれない、と
思った。カワニナと言えば、源氏ボタルの幼虫が唯一食べる貝として知られている。きっと
YNさんのご主人も蛍を呼ぶビオトープを夢見てるんでしょうね。
1.5リットルのペットボトルの中にわんさか!20匹以上はいそう。
c0197684_20463548.jpg


c0197684_2132215.jpg

6月6日。昨晩から半日水合わせをした後、睡蓮鉢1号、2号へ5匹ずつ投入。大丈夫かな?
入れる前に手に乗せてみた。結構大きい。
c0197684_20471931.jpg

6月7日。昨日鉢に入れた個体は大丈夫そうなので、残りの子たちも投入。
c0197684_20481069.jpg

水の中は写真が撮りにくいなぁ。

私も、いつか、いつか、自分ちの庭の池で蛍を繁殖させて、夕暮れに蛍の光を見ながら、
ウッドデッキでビールをぷは~とやってみたい。これは私が死ぬ前に叶えたいささやかな夢の
ひとつ。このビオトープ1号、2号はその練習と言ってもいいかもしれない。源氏ボタルは
流れがないところでは生きられないようなので、平家ボタルならいけるかも。平家ボタルは
カワニナはもちろんタニシやなんかも食べるようなので、源氏よりは可能性があるかな?
とは言っても自分の庭で蛍の繁殖・・・遠大な計画かな。もし実現させたそのときは、ぜひ
YNさんのご主人も呼んで、一緒にぷは~、とやりたい。
[PR]
by winnie-tonbo | 2012-06-07 13:45 | ビオトープ
ミナミヌマエビが全滅した。何が悪かったのか。水質か?
アンモニア量も量ったが問題はなかった。PHも大丈夫だった。じゃあ、なに?
c0197684_20562138.jpg

アンモニアは大丈夫そう・・・。
c0197684_20563427.jpg

ともかく、衣装ケースに入れた方のエビが全滅した後、4匹いたメダカも2匹死んでしまった。何か問題があるに違いない。
いい機会だと思って、衣装ケースの水を抜いて掘りだした。プラスチックの衣装ケースは
もって2年。前のも2年で割れた。この際、奮発して睡蓮鉢にしよう。最初に買った睡蓮鉢は、もう5年目だけどまったくびくともしない。2年ごとに交換しなくてよくなることを考えれば、「安物買いの銭失い」にならないかもしれない。下の衣装ケースは、掘りだすときに割れた。プラスチックが弱くなっていたみたい。そろそろ限界だったのか。丁度良い機会だったみたいね。5月21日。
c0197684_0422569.jpg

底の土が汚れていた。もしかしたら、この底土から有害物質が出ていたのかもしれない。
底土の掃除が良くなかったのか・・・?それとも最近入れたカモンバに農薬とか?
c0197684_0445377.jpg

店で買った時は、衣装ケースより小さいと思っていた睡蓮鉢は、水を入れてみると50リットルも入った。衣装ケースは32リットルだった。
右のが新しい睡蓮鉢。左のシダに囲まれているのが前からある小さい睡蓮鉢。
c0197684_0461760.jpg

睡蓮鉢2号の周りにマリーゴールドを植えた。右上のはアフリカンタイプ、鉢の周りのはフレンチタイプのマリーゴールド。大きさがまったく違う。5月25日。
c0197684_0521660.jpg

水草や浮草もいれてみた。メダカちゃんも。
c0197684_0535876.jpg


アフリカンマリーゴールドも可愛いねぇ。
c0197684_22175911.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2012-05-25 10:35 | ビオトープ
去年、ミナミヌマエビを購入しなくて、ビオトープがアオミドロだらけになって
大変だったから、今年は早めにミナミヌマエビ40匹に来てもらった。エビは水槽の
側面のコケやら藻やらを綺麗にしてくれる。うじゃうじゃいる。
c0197684_22293674.jpg


c0197684_2230484.jpg


今年はより強化を図って、石巻貝も10匹仕入れた。活躍してくれよ~。
c0197684_22303376.jpg


ミナミヌマエビは気難しい。水合わせに失敗すると全滅してしまうので、根気よく
1週間くらいかけて水合わせをしていく。でもうまく行くと、ヤマトヌマエビと違って淡水でも
繁殖できるので、困るくらい増えてくれる。この2cmくらいしかない小さなエビだけど
コケ取り能力はすごい。
c0197684_2233817.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2012-05-01 11:26 | ビオトープ
去年の春に植えて、去年の夏には咲かなかった睡蓮が、今年初めて咲いた。
1日目はゆで卵みたい。
c0197684_17365355.jpg


2日目は全開。
c0197684_17371917.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2010-06-16 08:34 | ビオトープ
ビオトープが華やかになった。
ホテイアオイの紫色の可愛い花。

一日しかもたないけれど、凛としていてとっても綺麗。
c0197684_125449.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2009-07-25 12:02 | ビオトープ
娘が小学校のプール掃除で捕まえたヤゴを持って帰ってくることになったので、
急遽新しくビオトープを追加することにした。

だってビオトープ1号には大事な黒メダカがいる。黒ちゃんたちが食べられるのを
見るのは、さすがにしのびない。

そこで、衣装ケースで作ったビオトープにヒメダカ10匹を投入!この中にヤゴくん2匹を
入れた。(ヒメダカなら食べられてもいいのか?と訊かれたら、答えようがありません、ハイ。)

2号にもミナミヌマエビくん数匹入れておいたし、そのうちの何匹かは、卵をぶらぶらさせていたので、今ごろちーちゃい稚エビがいっぱいいるんだろう。ヤゴを入れてから1週間以上経つのに、いまだ10匹のヒメダガが健在ということは、ちっちゃいエビくんがヤゴの餌食になっているのかもしれない。

しかし、ホテイの根っこや、睡蓮のデカい葉っぱのせいで、ヤゴくんたちを観察するのは、不可能。
てか、まだいるのかどうかもわからない状態。
この分じゃ羽化するのも見られないかもなぁ。

c0197684_23104286.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2009-06-11 23:12 | ビオトープ
冬の間は死んだようになっていたビオトープが復活した。
ミナミヌマエビくんたちも、より活発になって、いま一体何匹いるのか検討もつかない。

ここには、黒メダカが4匹と無数のエビくんたちが、どんどん伸びてくるムラサキ色の
ホテイの根っこをかき分けかき分け、楽しそうに暮らしている。

c0197684_2301041.jpg

[PR]
by winnie-tonbo | 2009-05-20 23:01 | ビオトープ
c0197684_943821.jpg
寒い日が続いた。

厚い氷が張る朝も多い1月。

ミナミヌマエビちゃんたちも全滅したやろな。。。

そう思って覗いてみると、いた!いた!いっぱい生きてるやん!

マイナス6℃の日もあったのに、ミナミヌマエビちゃんたち強いなぁ。

でもメダカさんたちは、氷が張るよりもっと前にいなくなってたよなぁ。
エビの方が強いのか・・・。
[PR]
by winnie-tonbo | 2009-01-19 21:17 | ビオトープ