人気ブログランキング |
庭で水槽のメダカを眺めていたら、後ろでカタカタ音がした。
なんだと思って振り返ったら、隣の柿の木にコゲラがいた。すばしこく、太い木の幹をうまく足で回りながら上っていく。スズメくらいの大きさ。
コゲラ発見_c0197684_17485109.jpg

ついでにカタカタと幹をつついて虫を探している様子。
枝もうまーく走りながらつついている。可愛いなぁ。
日本で最も小さい啄木鳥で林や民家にも出没するらしい。
やっぱり茨城は田舎なんだなぁ。コゲラなんて大阪で観たことないわー。
このコゲラちゃん、一通りつついたら、別の木の方へ飛んで行った。
コゲラ発見_c0197684_17485292.jpg

by winnie-tonbo | 2016-05-12 17:38 | 番外編
玄関脇から庭に抜ける場所にレンガと芝生を敷くことにした。雨が降ると土がベチョベチョになって、靴が汚れるし、何しろ来訪者に見える場所だから、少しは綺麗にしなきゃね。
レンガの小道と芝生_c0197684_20242436.jpg


芝は、いつも刈るのは大変だから、トヨタが開発した、成長の遅い品種TM 9を植えることにした。普通の姫高麗芝より値段は張るが、まぁ、少ない面積なので試しに買ってみる。
レンガの小道と芝生_c0197684_12091207.jpg

直線に張ったところ。

レンガを敷く前に防草シートを張って、雑草対策ね。シートの上からコンクリートブロックで転圧する。
レンガの小道と芝生_c0197684_12091341.jpg

砂を敷いて、なるべく段差なく敷いていく。かなり腰が痛い作業。なんとなく傾斜があるような?少しくらいは愛嬌で!
レンガを少しでも節約するため、前の家で使ってた正方形のコンクリートプレートも所々に入れることにした。それでも192個のレンガが必要。
レンガの小道と芝生_c0197684_12091445.jpg

ルークが邪魔しにきた。
なかなか進まな~い!
端の部分は半分に割ったレンガが入るんだけど、これがなかなか割るの難しい!
5月28日
レンガを割る作業をやっと終わらせて完成!
なかなか良いでしょう!芝も青青としてきた。
レンガの小道と芝生_c0197684_17572084.jpg

by winnie-tonbo | 2016-05-07 11:54 | 番外編
筑波山のひとつ、と言っていいのかわからないが、ハイキングがてらドイツビール会のメンバーと登ってきた。
早朝と言っても、朝7時出発だから、そんなに早いわけではない。
GW だからか、人もいっぱい。
宝篋山の早朝山登り_c0197684_13490703.jpg

沢も多くて涼しい。
宝篋山の早朝山登り_c0197684_13490969.jpg

城跡…看板がなかったら絶対わからんわー。
宝篋山の早朝山登り_c0197684_13491025.jpg

頂上手前。1時間位のとっても低い山。

宝篋山の早朝山登り_c0197684_13491121.jpg

景色はなかなかいい。

by winnie-tonbo | 2016-05-05 13:40 | 番外編
GWのプロジェクトとして、ウッドデッキの塗装と、保護犬がうちにきたので、裏庭のフェンスがない部分に、フェンスをDIY することにした。7メーター30センチ。かなり大きなフェンスになる。友人に色々アイデアを出してもらい、職場の男子2人に手伝ってもらって作製した。
before
フェンスのDIYとウッドデッキの塗装_c0197684_09031416.jpg

塗装途中
フェンスのDIYとウッドデッキの塗装_c0197684_09031541.jpg


after
フェンスのDIYとウッドデッキの塗装_c0197684_09031698.jpg


安い木材なので強度はあんまりだけど、とりあえずワンコがとびでることはない。

同時にウッドデッキの塗装。
塗装前のサンダー。
フェンスのDIYとウッドデッキの塗装_c0197684_09151611.jpg

フェンスのDIYとウッドデッキの塗装_c0197684_09151714.jpg

私はデッキ床部を上から塗装、男子二人には、下に潜ってもらって、ウッドデッキ下部分の塗装をお願いした。
before
フェンスのDIYとウッドデッキの塗装_c0197684_09151875.jpg


after いい感じの色になった。

by winnie-tonbo | 2016-05-02 15:55 | 番外編
水戸にある、茨城県では結構有名な地ビールの醸造所に、いつものワイン会のメンバーとビール作りに行ってきた。自分たち好みのビールが作れるということで、かなり期待大。
なかなか渋い門構え。
ビール作り_c0197684_1782932.jpg

まず、自分たちの好みのビールをきめるとこから始まる。
工程。
ビール作り_c0197684_1792062.jpg

試飲してどういう味にするか決める。
色、苦味、フルーティーさなど、決めたらスタッフさんに伝える。
ビール作り_c0197684_17105720.jpg

苦みや香りを考えながら、大麦やホップの種類を決める。
大麦は食べてみると、ひとつひとつ味が違う。なかなかいいおつまみになるかも(笑)
ビール作り_c0197684_17572145.jpg

ホップの数々。
ビール作り_c0197684_17132334.jpg

ビール作り_c0197684_17114534.jpg

材料をすべて量り、精米機のような機械に入れる。
ビール作り_c0197684_17141381.jpg

そして釜の熱湯の中へ。
ビール作り_c0197684_17143695.jpg

かきまぜ、かきまぜ。かなり重い。
ビール作り_c0197684_1714552.jpg

下から麦汁を出して、釜へもどす。これを循環といい、何度も繰り返した。
ビール作り_c0197684_17151778.jpg

温度を一定まで上げて30分放置。そのあいだに、売ってるビールを飲んでみる。
珍しい赤米ビール。なかなか美味しい。
ビール作り_c0197684_17154129.jpg

時間がきたら、また循環。下から取り出した麦汁を表面にそっとかけていく。こうやってろ過していく。
最初に取った麦汁と、ろ過後の麦汁。明らかにクリアになっている!すごい!
ビール作り_c0197684_1716743.jpg

隣の釜へ液体を移していく。その際、麦が表面に出て来ないように、下から麦汁を取ったら、上からジョウロで熱湯を均等にかけていく。
ビール作り_c0197684_17164624.jpg

数回に分けてホップや副材料のオレンジピール、コリアンダー、ナツメグを入れる。
最後に冷却装置を通り、バケツの中へ。
ビール作り_c0197684_1718632.jpg

全部で約4時間。
この後は、醸造所の方々にお任せして、5週間くらいで送っていただけるそう。
ほんとに楽しい体験だった。
ビール作り_c0197684_17192770.jpg

6月8日
ビールが届いた~!やったぁ。オレンジピールをいっぱい入れたけど、そんなに
オレンジの香りがするって感じでもない。ホワイトエールとペールエールの間くらいの
味わいで、とても美味しい。4人で1釜、1人あたり11本くらい。
ビール作り_c0197684_1453539.jpg

ドイツ会のメンバーに1本ずつあげた。(遠くに異動になったA君にはまだあげれてないけど)
今度はドイツ会のメンバーで作りに行きたいなぁ。
by winnie-tonbo | 2016-04-30 11:46 | 番外編
今年もH君が、東京出張に合わせてつくばまで遊びに(飲みに?)来てくれた。なかなか、一年分のできごとを数時間で話しきるには無理があるけど、楽しかったー。お土産に大好きな赤福と、箕面ビールの瓶ビールを持ってきてくれた。とってもとっても嬉しい!でもこんなに重いのに申し訳ない気持ちも!
恒例の七夕会_c0197684_13352633.jpg

お猿のエチケットが可愛い~~💕
沢山喋り、たくさん飲んでannual event を満喫した。
ただ、お互い年のせいか、飲んだお酒の量が少なかったような。
恒例の七夕会_c0197684_13352707.jpg

いや、そうでもないか。まだ人並み以上は飲んでるな。


by winnie-tonbo | 2016-04-23 23:23 | 番外編
息子、帰省した途端に妹とゲーム始めた。
どういうこと?
ツムラー?_c0197684_12223995.jpg

by winnie-tonbo | 2015-12-28 12:20 | 番外編
前から作ろう作ろうと思っていたウッドデッキの製作を開始した。


まずは材料。
本当は、友人が勧めてくれたレッドシダーやウリンなどの材木を考えていたんだけど、こういうハードウッドって値段がべらぼうに高い!でも耐久年数は10年やそこら。それなら、と今回は安さで行くことにした。だからと言って、2、3年で腐ったり壊れてもいやなので、リサーチすることはや10ヶ月。


色んなホームセンターやネットで調べ続け、なかなか決まらなかったのが、10月末に職場近くのホームセンターにマイスター工房というDIYをサポートしているところを見つけ、そこで見積りしてもらったら、色々調べたよりダントツに安かったので即座に決めた。
約2x6mの長方形でコーナーにフェンスのあるデッキを作ることにした。もともと売られてる木材のサイズで作ると加工費が節約できるので、床板は2バイ6のSPF材の6フィート(1820mm)に決める。 

簡単な設計図。
ウッドデッキの製作_c0197684_11571443.jpg


もちろん基礎作りや束石などの調達も自分たちでやらないといけない。水準器も貸してくれるというし、できるかな?なんて軽~く考えていたら、いやぁ、なかなかこれが大変。
束石となるブロックひとつで13キロもあるし、これを20個運ぶだけでもひと苦労!車に一度には載らないし、これと川砂20キロを4袋何度かに分けて運ぶ。すでに腰が痛くなってきた。
ウッドデッキの製作_c0197684_11571575.jpg

しっかり土台の場所を測って、遮光シートを切り、ブロックより少し大きめに穴を掘る。
ある程度掘ったら、ブロックの平坦部分を使って上から落としながら転圧をかけていく。転圧かけるだけで3センチくらい沈んでいく。元の土が粘土質だから、濡れると柔らかいし、乾くと硬いという、とっても都合の悪い土だからまぁ仕方ないか。
転圧をかけたところ。

ウッドデッキの製作_c0197684_0292956.jpg

ここに数センチ程の厚さに砂を入れ、微妙な調節をする。 
ウッドデッキの製作_c0197684_20584438.jpg

ウッドデッキの製作_c0197684_11571744.jpg

ブロック自体の水平とブロックとブロックとの水平を取るのは至難の業!
穴を掘るときの深さを、ブロックを直接置いて実際に欲しい高さより1センチ程低くしておいて、川砂を数センチ入れて高さを調節する。家側の土は他より低くなっているし、雨が降った時に水溜まりができるので、束が浸かってしまわないように束石の厚さを他より厚めの15cmにした。その他の場所も地面の高低差があるから、ブロック厚でも調節できる。
使うブロックは:
15cm x 3個 家側。
12cm x 7個 床板の真ん中5個と庭側2個
10cm x 9個 庭側3個とステップ用6個

ブロックの端と端の水平取るのさえ大変。
ウッドデッキの製作_c0197684_15541747.jpg

数ミリ高低差があるのがわかる。
ウッドデッキの製作_c0197684_15554492.jpg

砂を入れた状態でブロックを乗せ、グリグリと下に圧しながら固めると同時に希望の高さに合わせる。水平に押していかなきゃならないし、ほんっと難しい!

やっとだいたいの水平が取れたところ。
ウッドデッキの製作_c0197684_12295408.jpg

いよいよ来週組み立て。土台を載せた時点で水平が取れるのか、コンクリートステップ部分の束長さと土上ブロックで合わせた高さが合わせられるのか心配。
晴れるといいな。雨だと延期になってしまう。
ホームセンターにウッドデッキの材木を見に行ったら、床板がまだ半分くらい塗装されてなかった。組み立ては今週末だと言うのに~。
フェンス6枚。
ウッドデッキの製作_c0197684_07364468.jpg

床板40数枚。
ウッドデッキの製作_c0197684_07364589.jpg

デッキの脚と枠になる部分。塗装されてない?
ウッドデッキの製作_c0197684_07364655.jpg


マイスターのおじさん、塗装は大丈夫!任せてください、なんて調子のいいこと言っておいて、組み立ての4日前に2回塗装する時間がないなんて、ひっどーい!
耐久性を考えると、組立前には絶対二回は塗りたいから、やっぱり私が平日のどこかで塗らないといけないのか!

金曜日。組み立ての前日。
結局平日休みは取れず、塗装ができなかったので、前日の夜塗装されてない木材を運んでもらい、組み立て当日の朝早くからやることになった。
いや、これがなかなか大変!
ウッドデッキの製作_c0197684_11294792.jpg


組み立て当日。
組み立ては頼んでないし、見積もりにも含まれてないのに、マイスターのおじさんは自分のお兄さん(工務店にお勤め)をつれてきてくれた。
なんやかんやいいながら、土台の組み立てから、床板張りまでやってくれている。ありがたい!手伝いを当てにしていた職場の男性2名のうち、ひとりは風邪でダウン!あぁ、こんな時に!と思っていたからマイスターが何から何までやってくれてほんと助かる。マイスターがマルノコでデッキの脚を切ったり、床板を打ち付けている間、私はできる限りの塗装をやり続ける。
ウッドデッキの製作_c0197684_11294923.jpg

フェンスは付けれる?って訊かれたけど、あんまり自信ないですって言ったら、そうだよね~って。なんだかやってくれそうな雰囲気。
1時間くらい別のお客さんのところへ行かないといけないらしく、その間に二度目のフェンスの塗装をやっておくことになった。
塗る前にアンジェが様子見に出てきた。
なんだろう?くんくん。
ウッドデッキの製作_c0197684_11295077.jpg

のび~。
ウッドデッキの製作_c0197684_11295257.jpg

塗装も終わり、ほぼ完成!ステップは仮に付けてみるけど、あともうひとつ低めのがあるといいな、と思ってマイスターに訊いてみたら、ふたつ返事でOK!やった!余った材木で作ってくれるとのこと。
ウッドデッキの製作_c0197684_11295384.jpg

ウッドデッキの製作_c0197684_11295400.jpg

ここにあとひとつ少し低めのステップが付いたら完成。
なだらかなステップなら、アンジェが降りられるかな。
まずはアンジェ日向ぼっこ。
すごく気に入ってくれたみたい。
ウッドデッキの製作_c0197684_11512979.jpg

ウッドデッキの製作_c0197684_11513037.jpg

まったりしているところへ、マイスターがステップを作って持ってきてくれた!昨日頼んだばかりなのに、こんなに早くやってくれるなんて!感激!
昨日やり残したフェンスの手すり板の取り付けもやってくれた。ステップの下のブロックはまだちゃんと固定してないけど、ま、完成かな!
ウッドデッキの製作_c0197684_09223673.jpg

ウッドデッキの製作_c0197684_09230406.jpg



by winnie-tonbo | 2015-11-29 11:18 | 番外編
こんなものをもらった。
ほら食べてみてーって。
お隣さんから_c0197684_20175961.jpg

でかいイモ?菊芋かなあ?と思って、これなんですか?って訊いたら、里芋よーって。
里芋の親で、横にくっついてる小さい里芋が、普段スーパーでみるサイズ。

量ってみたら1.5キロもあった。
お隣さんから_c0197684_20180306.jpg

こりゃ、丸い煮っころがしにはならないな。

次の日、11月1日今度は柿を頂いた。たーくさん。
お隣さんから_c0197684_22283439.jpg

by winnie-tonbo | 2015-10-31 20:13 | 番外編
玄関先の固い土を50センチほど耕して花壇を作った。粘土質の土ってどうしてこんなに改良しにくいんだろう?腐葉土と「よみがえる土」を入れてまずは様子をみようかな。10月18日
玄関から庭への花壇_c0197684_17595942.jpg

ブロックとレンガを組み合わせてボーダーを作ってみた。
玄関から庭への花壇_c0197684_18000043.jpg

ボーダーの手前にムスカリとクロッカスを植えた。
玄関から庭への花壇_c0197684_18000226.jpg

玄関前にも花壇を作った。土が固くて大変。根張りを制限する不織袋に入れてユーカリを地植えした。10月31日
玄関から庭への花壇_c0197684_18325443.jpg


by winnie-tonbo | 2015-10-31 17:44 | 番外編