水戸にある、茨城県では結構有名な地ビールの醸造所に、いつものワイン会のメンバーとビール作りに行ってきた。自分たち好みのビールが作れるということで、かなり期待大。
なかなか渋い門構え。
c0197684_1782932.jpg

まず、自分たちの好みのビールをきめるとこから始まる。
工程。
c0197684_1792062.jpg

試飲してどういう味にするか決める。
色、苦味、フルーティーさなど、決めたらスタッフさんに伝える。
c0197684_17105720.jpg

苦みや香りを考えながら、大麦やホップの種類を決める。
大麦は食べてみると、ひとつひとつ味が違う。なかなかいいおつまみになるかも(笑)
c0197684_17572145.jpg

ホップの数々。
c0197684_17132334.jpg

c0197684_17114534.jpg

材料をすべて量り、精米機のような機械に入れる。
c0197684_17141381.jpg

そして釜の熱湯の中へ。
c0197684_17143695.jpg

かきまぜ、かきまぜ。かなり重い。
c0197684_1714552.jpg

下から麦汁を出して、釜へもどす。これを循環といい、何度も繰り返した。
c0197684_17151778.jpg

温度を一定まで上げて30分放置。そのあいだに、売ってるビールを飲んでみる。
珍しい赤米ビール。なかなか美味しい。
c0197684_17154129.jpg

時間がきたら、また循環。下から取り出した麦汁を表面にそっとかけていく。こうやってろ過していく。
最初に取った麦汁と、ろ過後の麦汁。明らかにクリアになっている!すごい!
c0197684_1716743.jpg

隣の釜へ液体を移していく。その際、麦が表面に出て来ないように、下から麦汁を取ったら、上からジョウロで熱湯を均等にかけていく。
c0197684_17164624.jpg

数回に分けてホップや副材料のオレンジピール、コリアンダー、ナツメグを入れる。
最後に冷却装置を通り、バケツの中へ。
c0197684_1718632.jpg

全部で約4時間。
この後は、醸造所の方々にお任せして、5週間くらいで送っていただけるそう。
ほんとに楽しい体験だった。
c0197684_17192770.jpg

6月8日
ビールが届いた~!やったぁ。オレンジピールをいっぱい入れたけど、そんなに
オレンジの香りがするって感じでもない。ホワイトエールとペールエールの間くらいの
味わいで、とても美味しい。4人で1釜、1人あたり11本くらい。
c0197684_1453539.jpg

ドイツ会のメンバーに1本ずつあげた。(遠くに異動になったA君にはまだあげれてないけど)
今度はドイツ会のメンバーで作りに行きたいなぁ。
[PR]
by winnie-tonbo | 2016-04-30 11:46 | 番外編
今年もH君が、東京出張に合わせてつくばまで遊びに(飲みに?)来てくれた。なかなか、一年分のできごとを数時間で話しきるには無理があるけど、楽しかったー。お土産に大好きな赤福と、箕面ビールの瓶ビールを持ってきてくれた。とってもとっても嬉しい!でもこんなに重いのに申し訳ない気持ちも!
c0197684_13352633.jpg

お猿のエチケットが可愛い~~💕
沢山喋り、たくさん飲んでannual event を満喫した。
ただ、お互い年のせいか、飲んだお酒の量が少なかったような。
c0197684_13352707.jpg

いや、そうでもないか。まだ人並み以上は飲んでるな。


[PR]
by winnie-tonbo | 2016-04-23 23:23 | 番外編
いろんな若芽がでてきた。春ってわくわくするね。
c0197684_20244783.jpg

いつの間にか庭にあったヘビイチゴ。可愛い黄色の花がいっぱいついてる。

c0197684_20244803.jpg

ラフランスからも沢山の若芽。

c0197684_20244939.jpg

チューリップたちも。

c0197684_20245182.jpg

冬の間、すっかり姿を隠していたニラもわさわさ育ってる。

c0197684_20245271.jpg

エキナセアの芽もたーくさん。

c0197684_20245418.jpg

桑と黒すぐりも緑がちらちら。

c0197684_20245544.jpg

去年小さい葉がひとつふたつしかなかった黒クローバーがわっさわっさになってきた。

c0197684_20245621.jpg

イチジクも!
毎日すごい早さで雑草もそだってます。これだけは困ったもんだー。
[PR]
by winnie-tonbo | 2016-04-12 20:17